May15のゲーム屋

人生とはロールプレイングゲームのように経験値の積み重ねである✨

MENU

【乃木坂46】齋藤飛鳥さんがマゴッツで歓喜した話

【乃木坂46】齋藤飛鳥さんがマゴッツで歓喜した話

 

f:id:May15:20210313151922j:plain

こんばんは、

May15のゲーム屋です!

 

 

今回のお話は日本を代表する国民的大アイドルグループ

乃木坂46さんメンバーであり

ドラマ映画と大活躍な齋藤飛鳥さんについて。

 

お付き合いよろしくお願いします

 

 

 

はじめに

マゴッツとは?

SlipKnoT(スリップノット):1995年アメリカはアイオワ州にて

結成された9人組のミクスチャーロック・ヘヴィメタル系バンドです🤘

そのファンの呼び名がマゴッツ(maggots:蛆虫)です。

 

 

齋藤飛鳥さんとは?

乃木坂46(のぎざかフォーティーシックス):秋元康さんプロデュースの

アイドルで2011年に誕生。

その乃木坂46さんの1期生メンバーで趣味はドラム

その他の情報は...ご自身でググってください!!笑

 

音楽的な話

私の音楽人生で衝撃を受けたバンドです!

2000年頃は西海岸パンクばかり聴いてギターを弾き狂っていた日々だったので

 

www.may15-rpg.com/entry/emo

 

 

メジャーデビュー作『Slipknot(1999年)』を聴いた時に

ダウンチューニングと重厚&凶悪なギターリフに完全心を射抜かれました⚡️

90年代は山嵐さん、リンプ(Limp Bizkit)さんや、コーン(KoЯn)さんや、

レイジ(Rage Against the Machine)さんなどのラップコア系の

ミクスチャーロックを聴いていたので

スリップノットさんのデスメタル要素強めな

全く新しいミクスチャーロックに衝撃を受けました!

レイジの僧侶ジャケのCD初めて見た時ぐらい衝撃🔥

 

当時私はレギュラーチューニングで、

4コードぐらいの楽曲しか弾いていなかったので

スリップノットさんなんて弾けるはずもなく断念。

せいぜいX(エックス)さんの楽曲で

ハーフダウンぐらいですよ、弦をいじったことあるのは🎸

でも音楽活動を続けた結果、

音楽性作曲方法及び考え方が変わり

最終的にはドロップBまで下げた

極悪チューニングなんですけどね私のギター人生!!笑 

 

話を戻します

齋藤飛鳥さんはスリップノットさんの

1stアルバムより2曲目の「(Sic)」って楽曲が好きらしいです。

 

ラウパノットフェスに参戦されたりしているのでしょうか?

モッシュピットで暴れまわっていたら完全に惚れてしまうわ❤️

時々ライブで見かけるダイヴしてる綺麗なお姉さんをカッコいいと思って

後ろで大人見してる自分がいます笑

 

この曲は空耳なんですよね、

イントロのシャウト部分で

 

へっこんだ、ぺーーーーーーい!!!!!

 

って聴こえます笑

 

さらに3曲目の「Eyeless」ではサビで

 

駅からまだまだ、まだまだ遠ぉーーーーーーーい!!!!!

 

って聴こえます笑

 

さらにさらに4曲目の「Wait And Bleed」2回目のサビ前では

 

I am 心配性ぉーーーーーーーー!!!!!

 

って聴こえます笑

 

5曲目の「Surfacing」間奏後のCメロかな?で

 

6戦6敗!!!!

 

って聴こえます笑

 

 

空耳というのは何故か日本語ではないのに、

日本語に聴こえてしまう言葉です。

 

 

マキシマム ザ ホルモンさんのギタリスト

川北亮さんも楽曲制作の中で、

外国語に聴こえるようなワードチョイスをされている天才です✨

 

 

 

 

ロック好きな有名人

同じく乃木坂46さんの新内眞衣さんは

ELLEGARDENさんやdustboxさんが好きで、

学生時代にとても励まされたみたいです✨

私もエルレさんはコピバンやってましたし、

ダスト先輩のトライマイラックネクストストーリー

いつもスタジオリハで合わせてました🎸🥁🎶

 

TBSアナウンサーで現在フリーアナウンサーとしてご活躍されている

宇垣美里さんは、

 

 

PTP(Pay money To my Pain)さんがお好きなようで

それをテレビか何かで仰っているのを観たときに宇垣美里さんのファンになりました。

 

 

 

 

特に1stシングルの『Drop of INK』に収録されている

From here to somewhere」がお好きなようです。

 

ラウドロックの重さとスクリーモの激しさの中にある

Kさんの優しい歌声がエモく、聴いていると

涙が頬を伝って零れ落ちてしまいます。

ロック系をあまり聴かない方にも刺さるオルタナティブ・ロックバンド、

海外のバンドっぽく聴こえるサウンドですが日本のバンドです。

 

まとめ

普段あまり激しい音楽を聴かなそうなイメージの人が

聴いているとギャップの高低差で耳キーーンなるわ!!

 

マジ歌のフット後藤さんの歌を聴いていると思うのですが

ブランキー(BLANKEY JET CITY)さんお好きなのでしょうかね?

 

 

 

ブログ読んで頂きありがとうございます

 

 

-終-