集団生活における「ハブかれる」恐怖や不安とその後の自分。【めい言集#5】

2022年11月11日

めい言集_日常の独り言。めいめい - May15のゲーム屋

▼⋯目次⋯▼

集団生活における「ハブかれる」恐怖や不安とその後の自分。【めい言集#5】

おはようございます、究極の飽き性が悩みのブロガーめいです。

 

これは宣言しちゃった事への後悔なのですが、毎日連載をする!って公約したことが自分への足枷(あしかせ)となっております!笑

 

もし毎日お読みいただけている方がいらっしゃいましたら驚かれるかもしれません。「 よくそんなに毎日ネタが思いつくね! 」って。しかし ながら、私は天才ではございません。ただの凡人ですのでネタが思いつくような天才的思考はありません。

 

ですが⋯、人生を歩んだ年数分の「 物語 」は持ち合わせておりますよ。と返答するであろう。それでは本日もよろしくお願いします!

 

第四話は、こちら▼

>> 「大丈夫?」と聞いて「うん、大丈夫だよ」と返ってきたら助けて欲しいサインです。【 めい言集#4 】

 

カラダとココロの発達

これは私の物語だ。小さな頃からヒーローレンジャーは赤色が好きだった。赤色とは主にセンターポジションのリーダー役のことである。活発で明るい 仲間の中心にいるそんな子供でした。時は流れ、小学3年生 後半のときです。

 

小学3年生の私

この頃から段々と成長が著しくなり個々に集団的同調思考が生まれ「 派閥 」というものができ始める年頃。簡単に言い換えるならばクラスメイトだから隔て無く みんな仲良くしましょうね、ではなく同じ思想を持つ者同士が結束しだす時期「 "みんな友達"から、"選ぶ友達"への変化 」とも言えます。

 

何が原因か未だに分かりませんが私はハブかれました。リーダー的なポジションがウザかったのか? はたまた嫉妬なのか? わからない。直接的な暴力やイタズラをされることはありませんでしたが、「 無視 」される日々を過ごします。私が気づかないだけで陰口もあったかもしれません。感じ方や個人差はありますが「 いじめ 」ってこういうことなのでしょうね、初めての孤独を経験します。

 

でも私はそれをいじめだと感じなかった、誰も悪くない「 自分が原因で招いた自己責任なんだ 」と自分を責める悪い思考になり始めました。優しい性格ゆえの弊害。学校へ行きたくない、そう毎日思っていましたが前回のお話で説明した通り私の家庭環境は厳格な親の厳しい教育を受けて育ちました。今思うと義務教育の9年間で「 無遅刻・無欠席・無早退 」は自慢です。熱が出てても無理やり学校へ行かされましたからね⋯。

 

学校も家も誰も頼れる人はいない。布団にくるまり何度 涙を流したことか、何度 包丁で腹切って⋯自 尽( じ じ ん )しようとしたことか、でも勇気が無くて実行できなかった。そんな自分が更に嫌いになる

 

忍び寄る更なる悲劇

同じくして丁度その頃から「 アレルギー性鼻炎 」の症状が出始めました突然。病院へ通いましたが一向に治る気配はありません、先生(医師)は「 これはハウスダストが原因ですね、綺麗に掃除や換気をして清潔を心がけていれば自然と完治しますよ。じゃあ、いつもの処方しときますね! 」。

 

まるで典型的な医者のコピペのように流れ作業で診察が終わります。昨今のAIならば嘘でももっと気の利いた言葉を投げかけてくれるはずだ。

 

週に一度の通院と、毎日の薬の内服を続けましたがその後6年間は変化がありませんでした。(何度か別の病院も通院しましたが、変化が無いので途中でお金の無駄を感じて行かなくなります)

 

これ、わりと最近気付いたことですが原因は「 ストレス性によるもの 」だったと自己分析しました。自分の人生を思い返してみると自由を求めて遠く離れた高校へ進学したことでストレスから解放されて一切症状が現れなかったなあ、って思ったからです。小学・中学の義務教育課程では机の上に箱ティッシュ&机の横にミニゴミ箱を常備してましたもん!笑

 

なので、もし何年もアレルギー性鼻炎が治らない方はストレスの可能性も視野に入れて調べてみてください。

 

視野を広げる事の重要性

私が育った80年代〜90年代は1学年のクラス数が4つとかあった時代です。中学は確か7クラスだったかな?

 

小学4年生の私

いつもの仲良しグループから無視され続ける日々を長らく続ける孤独生活。当時のことを全部ハッキリ覚えていないのは嫌な記憶に蓋をしているからなのか? 加害者たちの顔も情景もぼんやりと残っているし、小学4年生の頃は言葉の暴力もありました。室内靴に画鋲が入っていたり。ベターな陰湿悪戯ですね!⋯これの弊害なのか? 未だに靴を履く時は無意識でコンコンって逆さにして中を確認するクセがついちゃってます。( 一生の心の傷ってことか⋯。 )

 

あとこれは今思い返すとヤバイことですがカッターを常に服の内ポケットに入れていましたね⋯いつでも相手にイッたろうとしていたのです。逆境に立ち向かう勇気?狂気?ですかね。⋯でも、そう決意させるぐらいの精神状態の不安定だったことを考慮してください。あなたも もし私と同じ境遇を経験したならば⋯同じ思考になっていたかもしれませんよ?


ヒエラルキー( ピラミッド型階級制 )の確立も世間一般的にこの頃からではないでしょうか? 1軍と2軍の2種類に分けられる。もっと年齢を重ねると3軍や4軍や5軍なんかも現れ始めます。

 

孤独になって気付いたこと。今まであまり知らなかった大人しい性格の子病弱で口数の少ない子、自分が見えていなかっただけで同じクラスには話したことの無いたくさんの生徒がいることを知る。もちろん他のクラスにも。

 

小学3年生は あまり不登校の生徒はいなかったと思いますが、小4あたりからそこそこ学年全体でも不登校の生徒は増え始めたのを記憶しています。ゲーム機をたくさん持っている人気者の子が小4から突然学校に来なくなったり、バイ菌みたいな理不尽ないじめを受けている生徒、男子からも女子からも人気だった童顔の明るい性格の男の子が小4から不登校になったり⋯「 派閥の確立 」って改めて怖いですね。人気の最新ゲーム機を持っている権威性なんて通じなくなる年頃。

 

私は水面下で普段あまり会話をしなかった同じクラスの大人しい性格の子や、病弱で口数の少ない子などと仲良くつるむこととなります。そしてクラス替えをした小学5年生へ。


小学5年生の私

偶然なのか? 必然なのか? クラス替えで仲の悪かった派閥の人間とは誰ともカブりませんでした。そして新たに仲良くなった友達とまた同じクラスになれたこと。実は先生たちは知っていたのかな? だったら はよ助けろよ!って思いますが。笑

 

人伝いの話なので半信半疑で聞きましたが、小4のときにハブった人たちが、新しくできた友達に悪い噂を吹き込んでいたみたいで⋯ それでも友達でいてくれた「大人しい君」「病弱君」のお陰で楽しい小学生生活を無事に終えることができました。( 中学で別々になったのでその後の彼らを知りません )

 

大人しい君、病弱君、自分の3人は ほぼ毎日のように学校が終わってから近くの川で釣りをしていました。釣れないこともありましたがバカみたいに過ごした楽しい思い出です。陸橋の真下は雨風が凌げることもあり保存状態の良い工口本がダンボールに入った状態でたびたび見付かり、当時ドラクエ( ドラゴンクエスト:ゲーム名 )が流行っていた流れもあってか「 宝箱 」って表現していたのを鮮明に覚えています!笑

 

小学6年生の私

元々私はサッカークラブにも所属していて そのチームメイト( イケメン人気者君 )が小学5年〜6年と一緒のクラスになったので楽しい学校生活でした。いつも2人で下ネタを言い合ってたのは良い思い出です。笑  この小6のときのクラスメイトは男子も女子も中学卒業後まで時々連絡とったりしていましたが、大人になるにつれて忙しくなり会わなくなったのは少し寂しいね。成人式で再会して一緒に写真撮ったぐらいかな。

 

中学編もありますが長くなるのでこの辺で!

 

十人十色

ここまで私の実体験をお読みいただき何を感じましたか?

全然知らない世界だ。 」って思う方。

そんなの あなたが強い精神力を持っていたから変われたんだ! 」って思う方。

心の痛みは人それぞれ違うから一概に参考にはならない! 」って思う方。

 

その通りです。私は私で、あなたはあなた。全く同じなんて存在しません。ですが私も少なからず「 苦しみ 」を身をもって経験しました。そのお陰で相手に対して思いやる気持ちはあります。痛みを知って学ぶこと、相手に対して優しく接すること。その立場になるまでは絶対に知らないまま人生を終えていたかもしれません。忘れたい記憶ですがこれもまた自分の経験値となりました


もし現在ハブかれている状況の方、無視されている方、学校に行くのが億劫( おっくう )に感じている方は「 そんな考え方もあるんだ! 」と、視野を広げて見てください。全員が全員あなたを拒否しているわけではないかもしれません。同じクラスに見つからなくても⋯、別のクラスには同志がいるかもしれない。はたまた、別の学年だったり。

 

もちろん、これは私自身の意見なのであなた自身の頭で考えて咀嚼( そしゃく )をせずに鵜呑みにするのは正解ではありませんが「 あなたが進む選択の幅を広げる 」ってことに関しては有益な意見の1つです。


私は視野を広げることを知らなかっただけです。試せることは全部試して⋯それでもダメだったら逃げるのもアリです。全然恥ずかしくない 人として自然体な行動です。ですが生きる選択肢を必ず選んでください!

 

人生を変えたいのならば環境を変える。

人生を変えたいのならば人付き合いを変える。

 

今あなたがいるのは小さな町のコミュニティです。日本はもっともっと広いです! 世界ならもっともっともっともっともっともっともっと広いです!

 

あなたのツラくてシンドイ気持ちを十分理解できます、生きるという選択肢は可能性を秘めていることを感じてみてください。ワクワクする出来事も必ずあります。現に今の私はワクワクして生きてます!昔はひどくツラかったけど今は違います。


孤独だったけど今こうやって私の記事を読んでいる人がいるのは、同じ境遇を経験しているから。遠く離れてどこの誰だか分からないけど仲間がいることが嬉しいよね☘

 

独りじゃない、そう想えるだけで今日も生きることができるんだ。

 

「イジる」と「イジめる」は紙一重

よくテレビのバラエティ番組であったり、合コンやお酒の席で耳にする「 イジる 」という行為。これを素人さんが勘違いされている事って結構多いのです!

 

体育会系の部活や、体育会系の会社で間違われる事例としては先輩が後輩をイジること。これって「 受動的立場 」と「 能動的立場 」で相違が発生している点に気付いていない脳筋ゴリラが多すぎな件。

 

先輩や上司がウケ狙いで場を盛り上げるためにやっている行為は「 パワハラ 」とも言えます。もっと詳しく紐解いていくと、ちゃんとお互いに意思疎通して信頼関係があっての行為ですか?と問いたい。だからそれはイジりではなくて、弱い者いじめです!!!

 

ほとんどの場合が無理なお酒の一気飲みの強要や、愛の無い無茶振りや罵(ののし)る言葉です。己が美味しくなるが為の一方的な暴力。合コンでこんな先輩後輩のイジりがあったら正常な女性はドン引きしてますよ?

 

具体的なご職業を挙げることはできませんが、知人の女性が体験した合コンでは先輩が後輩に雑な体育会系のイジりをしていて可哀想だったという話。何となくなジョブイメージで後輩いじめがありそうだなって分かりやすいご職業ですね。

 

ただ自分が気持ち良くなるためだけに弱者をイジめる人間は自己満です。ただの自慰行為と大差がありません。きっとそのような方はベッドの上でも自己満なプレイをされて独り善がりで自分に酔っていると思います。本当に気持ちのいいS○Xは相手を思いやる気持ちです。フィクションを鵜呑みにして無意味に激しく指を動かしても女性は一切気持ちよく無いからな!


「 ABCDEFGHIJ⋯ 」

『 H 』とは『 I ( 愛 ) 』が生まれるもの。自己満の『 H 』は、ただの『 G ( 自慰 ) 』であること。 by究極の飽き性が悩みのブロガーめい。今思いつきましたが、もし既存の言葉だったらごめんなさい!


たとえば街中で完全プライベートな芸人さんを見かけて、雑なイジりをしている輩とか。これってただのイジメです、見た目の怖い人たちだったら尚更。もし断ったり、塩対応をするとスグに匿名で拡散されるやつ。「 今日どこどこで誰々 見たけどマジでイメージ悪かったww 」 いや、お前や!って突っ込みたくなりますね。笑  本当に芸能界の方々や、有名人の方々は大変なお仕事です。オフなのにオフにさせてもらえないなんて過酷すぎます。心より敬服いたします。

 

プロレス

正しいイジりとは「 プロレス 」です。よくテレビで見かける『 犬猿の仲〜、バチバチの関係! 』ってありますが、ちゃんとお互いを理解し合い、「 」のあるイジりや 罵(ののし)り合いをします。台本はありませんが、信頼関係という台本の基に きっちりとTVショーしてます

 

こんなことを言うとプロレス団体様やバラエティ番組様や芸人様に営業妨害だ!ってお叱りを受けるかもしれませんが、エンタメを鵜呑みにしちゃう「 イジる 」を知らないパワハラ社会のクソどもにどうしても伝えたくての配慮です。

 

毎日何時間も真剣にトレーニングをされているプロレスラーさんがガチで戦ったら騒然となりますよね? ちゃんと痛みを熟知して、受け身も熟知しているからこそ相手に対して最善の考慮がされているのです。何度も繰り返しますが、プロレスを知らない素人が後輩に技をかけるのは社会的立場を利用した弱い者いじめです!!

 

私は10代の頃から建設業界に長くいました。休憩時間は詰所( つめしょ:喫煙&休憩室 )に各業種の様々な人たちが集まります。イキってる人ほど声がデカイので嫌でも聞こえてくるのですが、入りたての 大人しい若い衆に先輩ヅラした威勢のいいやつがメッチャいじっているのです。それはイジりではなく弱い者いじめです。きっといつか天罰が降ります、背後は気をつけてくださいね⋯⋯⋯建設中の高層マンションの上層部から落とされないように⋯まあ、自業自得かww

 

ブラックジョークで今日のお話はサイコEND。


お話を読み進めて頂きありがとうございます。いかがでしたか?

May15のゲーム屋に ちなみ15分( 今回は長めだったので )ほどのお話でした。

 

今後は適度な時間で読み切れる丁度良い小話を連載していけたらいいなと思います。

究極の飽き性が悩みのブロガーこと⋯めいでした!👋

 

活動場所 - Please check for me

私の各種SNSです。フォローお願いします☘
めい

独りで悩まないで?

自分と同じ悩みの人と繋がりたい

普通じゃない変わり者だ理解できない。職場や学校生活で散々これらの言葉を言われた経験があります。私が世間と違っててオカシイのかな?って疑問を日々感じています。だからこそ、

『 私は変わり者? 違う、同じ気持ちの方と出逢い 「孤独じゃないんだ」と安心したい 』と思い、行動に移してみました。もし共感してくださる方がいらっしゃいましたら各種SNSやこのサイトからお知らせください。

ひとりじゃないよ!?、私が手を差し伸べてみせます! 必ず。

この活動の拠点としてInstagramで交流の場を展開していきます。


【 公式Instagramアカウント 】 きまぐれ更新!

>> めい🍔究極の飽き性が悩みのブロガー(@/may15_rpg/)|Instagram


【 公式YouTubeチャンネル 】 不定期 夕方5時15分更新📡

>> May15のゲーム屋【Indie Mobile Games】 (@/May15-RPG)|YouTube


【 公式Twitterアカウント 】 きまぐれ更新!

>> めい🍔【May15のゲーム屋】 (@May15noGAME_YA) | Twitter


【 お問い合わせ 】 24時間受付!

>> めーるお待ちしております✉️


【 公式Webサイト 】 不定期 朝5時15分更新📡

>> 『 May15のゲーム屋 』おすすめい紹介ぷれいろぐ


第六話へ〜

連載ブログです

めい言集_日常の独り言。めいめい - May15のゲーム屋
「女性大好き」だけど「女性と接するのが怖い」過去のトラウマが悩み。【めい言集#6】

続きを見る


ブログ読んで頂きありがとうございます

See you later☆

SNSでシェアする👇

-孤独な人生
-,

error: