May15のゲーム屋

人生とはロールプレイングゲームのように経験値の積み重ねである✨

MENU

HOSHIGAMI 沈みゆく蒼き大地【PS】

HOSHIGAMI 沈みゆく蒼き大地【PS】

f:id:May15:20210312162318j:plain

いらっしゃいませ、こんばんは!

ご来店ありがとうございます

May15のゲーム屋です!

 

【👇YouTubeチャンネルはこちら】

 

 

Twitterアカウントはこちら

May15のゲーム屋【3号店】 (@May15noGAME_YA) | Twitter

 

 

 

今回おすすめしたいゲームは

 

HOSHIGAMI 沈みゆく蒼き大地です

 

お付き合いよろしくお願いします

 

 

 

HOSHIGAMIとはどんなゲーム?

詳細

2002年にMax Fiveさんより発売された

PlayStation用ゲーム 

ジャンルはSRPG(シミュレーションRPG)

プレイヤー1人

メモリーカード1ブロック

アナログコントローラ対応(振動のみ)

標準価格¥4,800(税抜)

 

ストーリー

かつて高度な文明を誇ったイクシア王国を滅ぼし、

古代マーディアス大陸に君臨した暗黒王ヴィラ

イクシア王国ただ1人の生き残りであるサーナスは、

精霊の力を秘めた「マーセルヴァ」を持つ6人の

星神」と精霊達の協力を得て、ヴィラに戦いを挑む。

激戦の末に勝利したサーナスは、イクシア王国を復興し、

すべてのマーセルヴァを封印して、世界に平和をもたらした。

精霊と人間の関係は元に戻るかと思われたが、

精霊達はそれ以降人前に姿を見せることはなかった。

これが、正規サーナス王の伝説である。

そして時は流れ…。

 

 

三つの国が、現在のマーディアス大陸の支配者として、

大陸を三分して治めている。

 

ナイトウェルド王国

大陸に存在する最も古い歴史を持つ王国。

マーディアス大陸の西に位置する。

多民族国家的な趣を持ち、実際、少数民族や混血が多い。

国としては非常に平和的な国家である。

気候的にも温暖で、伝説時代の遺跡なども多い。

 

ヴァレイム帝国 

マーディアス大陸の中央に位置し、現在一番の勢力を持つ軍事国家。

他国との交渉が薄くそれらの国から見れば文化レベルの低い現在の皇帝に変わってからは、

巨大軍事国家化が進んでいる。

現在は、3国の力の均衡が一応取れているが、

最近、ヴァレイム軍は旧イクシアの遺跡の調査を進めており、

イクシアの遺跡を数多く有するナイトウェルドとの国境ではいざこざが絶えない。

 

ジェラルド王国

マーディアス大陸の北東に位置する。

北部は寒さの厳しい針葉樹林地帯であり、

南東部は水の豊かな湿原地帯である。

牧歌的で平和な国家であるが、その反面、

武器や防具の材料となる良質な鉱石を多く産出し、

良質な武器防具の生産国としても知られる。

数十年前、国土南部の辺境地帯にヴァレイム軍の侵攻を受け、攻め取られる。

その為、ヴァレイムに対する反感は強く、反ヴァレイムを掲げ、その旗頭となっている。

 

ゲーム内容

主人公の青年ファズを操作し、

親友であり兄貴的な存在の

傭兵レイマリーと共に

各ステージごとに設定された

ミッションをクリアしていく

ミッションクリア型の

タクティカル・シミュレーションRPG。

プレイヤーの戦略と判断で

変化していく戦局の中、

大陸の崩壊を防ぐことが目的のゲーム。

 

制限内であれば複数回行動や

順番の調整も可能にしたRAPシステム。

このRAPシステムを駆使した連携攻撃セッションや

魔法を自由にカスタムできるコインフェイムシステム。

キャラクターの自由な成長と

特殊能力獲得を可能にした精霊信仰システム、

様々なシステムが従来のSRPGとは

違う新たな戦略性を楽しめる。

 

魅力的なキャラクター達が繰り広げる物語、

プレイヤーの選ぶ答えが

仲間になるキャラクターの運命を握る。 

 

プレイ感想

ファイアーエンブレム、

ティアリングサーガ、

タクティクスオウガ、

ファイナルファンタジータクティクス、

 

世の中には数多くの

ユニット型シミュレーションゲームがありますが

このHOSHIGAMIは難しい部類になります。

 

チャプター3あたりでこのゲームは

突然詰みかける難易度に遭遇します

味方ユニット7名に対し、

敵ユニットは倍近く&高所からの魔法や弓矢による

遠距離攻撃、ステータスの違いもあります。

 

相手に合わせてこちらも

試練の塔と呼ばれるレベリング場所に篭り

ひたすらレベルを上げる必要があります。

 

 

チュートリアルも終わり、

粗方の旅の目的を理解し

漸く自由に動けるようになった矢先

ファミコンのRPGぐらい最初の村周辺で

ガッツリとレベル上げをしなければ

即ゲームオーバーになります。

 

レベル上げも大変で

先に紹介しましたRAPシステムがネックとなります。

独自性を出したのが却って

操作感のテンポ悪さにつながります。

 

 

サクサク物語を進めていける従来の

SRPGの感覚でプレイしようとすると

序盤で詰みかけます。

試練の塔で何時間も

レベル上げ&コインの強化→やっと次のチャプターに進める。

こんな感じです

 

コインフェイムシステムは魔法のことで

自分でコインを合成していき

魔法を強力にしていく楽しさがあります

 

精霊信仰システムはFFのジョブみたいなイメージ?、

FF6の魔石のようなイメージ?で

付け替え可能な精霊を信仰してレベルに応じて

スキルを習得しキャラのスキルを増やしていく

 

まとめ

従来のSRPGに生ぬるさを感じる中級〜上級者様に

適したゲームだと思います

難易度に関しては

 

タクティクスオウガ等と

比較しなければとても楽しめる

そんなゲームです

 

 

私のYouTubeチャンネルにて

プレイ動画をあげています

チャンネル登録よろしくお願いします

☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

ブログ読んで頂きありがとうございます

 

 

 

-終-